TEDxTsukuba2017

  • 2017/05/14
  • JAXA筑波宇宙センター

Launch Your Vision

TEDxTsukuba2017では、Launch Your Visionというテーマでイベントを行いました。素晴らしいアイディアを発信、共有することによって、既存の価値観や常識にとらわれていた状態からの解放を目指すという意味を込めました。 世の中には広めるべき価値あるアイデアが星の数ほどあります。新たな出会いを生み、つくばならではのアイデアを宇宙へ

重力からの解放と、宇宙からの視点

宇宙は遠い存在ではありません。宇宙空間での無重力は、これまでにない新鮮な現象、環境を提供してくれます。逢坂卓郎氏は、無重力を利用した芸術実験を通して、人類と宇宙との関係に新たな気付きを得たと言います。宇宙の視点をほんの少し取り入れることで、私たちの人生にどのような変化が生まれるのでしょうか。

逢坂 卓郎
筑波大学芸術系特命教授

Force of Nature

クレイグ氏は陶芸家であり、泥を芸術に変える人です。色々な失敗を通してクレイグ氏が身につけたのは、陶芸とは人が勝手に作れるものではなく、自然と人の想像を調和してできたものだ、ということでした。例えば、粘土は人間が強引に押し込むのではなく、粘土自体の重さと勢いを利用しながら指の先端を動かして粘土が残っていた空間に流れ込むのを待つのです。陶芸家にはならずとも、自然の一部であることを感じることができると彼は言います。自然と調和しながら、自分なりに自分が想像したことを形にすれば良いのだ、と。

ユアン・クレイグ
益子焼陶芸家

好きを仕事にしないは時代遅れ

みなさんはこんな言葉を聞いたことがありますか?「好きなことを仕事にしてはいけない。」私たちは、好きなことと仕事を分けた方が幸せになれるのでしょうか。自分のキャリアを考える上で、永遠のテーマとも言える問いに、なわとびアーティストの粕尾将一氏は、自身の経験から、好きなことを仕事にしないことは時代遅れだと語ります。

粕尾 将一
元シルクドソレイユ 縄跳びパフォーマー

Speech by Natsuko Kuroda's Body ~ 身体(わたし)の声が聞こえますか ~

私たち人類は様々なコミュニケーションツールを持っていますが、その中でも特に「言語」は意思伝達の大部分を占めるに至っています。 しかし言語に依存したコミュニケーションはときに文化間のわだかまりを生み、戦争を引き起こす可能性さえあります。 戦争を終わらせる力がある、自分を表現する力がある、言葉では行けない領域まで踏み込む力がある... そんな、人と人との架け橋となるコミュニケーションツールはあるのでしょうか。 振付師の黒田なつ子氏は、一切言葉を発しない、しかしダイナミックな"スピーチ"でこの問いに答えます。

黒田 なつ子
振付師

『夢』から『自分ごと』へ

"宇宙"と聞いて、どんなことを想像するでしょうか。「遠い夢の場所」「自分とは関係のない世界」。果たして宇宙は、ひと握りの宇宙飛行士だけが身近に感じられるものなのでしょうか。JAXA主任研究開発員の川瀬誠氏はこう言っています。誰もが宇宙を想像し"ワクワク"を感じることができるのだ、と。面白い、ワクワクする、という思いが、大きな成功をもたらし、人々を幸せにしていくのです。どんなことでも「自分に関係ない」と思わず、前へ前へと突き進んでいきたいですね。

川瀬 誠
JAXA研究開発部門 開発員

なりたい自分になる勇気

私たちの誰もが持つ、実現したい未来の姿。しかし私たちの多くはその望みを叶えられぬまま日常生活を送り、人生を歩んでいます。「今日より明日、明日より明後日、明後日より未来…」そんなより良い自分を実現するにはどうすればよいのでしょうか。自己実現という大きなテーマに対し、キャリアデザインスクールで三千人以上の人たちと共に歩んできた熊谷智宏氏は「決断」をキーワードにして私たちに新たな視点を与えてくれます。

熊谷智宏
キャリアデザインスクール 我究館館長
Card image cap
Card image cap
Card image cap
Card image cap
Card image cap
Card image cap
Card image cap
Card image cap